取り敢えず、社会人1年目

誰かにとっては平凡で、私にとっては美しい日常が良い。

努力は無駄だが希望はある

f:id:iuiwalking:20180605192039p:plain

【 こんな人向け】

・頑張っても仕方がないんじゃいか。

・頑張りは無駄はかもしれない。

・どうやって生きたらいいんだろ。

・この生き方でいいのかな。

 

 

※このように考えている人に向けて、今回は発信をしているので当てはまらない方は

読んでもピンとこないかもしれません。

 

今の現代社会において、頑張ってもしょうがない。

適当に残業をして、あとは私が輝けるのは仕事後と土日だけ。

頑張って勉強して、いい大学にはいったとしても、幸せになれるとは限らない。 

いい大学に入っても、歯車の一部となって働き、あっという間に歳をとる。

 

 

大手企業に入って、安定して、高い収入を得る事が目的だった時代は変わりつつある。

なぜなら、日本だけでなく世界は変わりつつあり、安定といった言葉は薄まり、日本のようなインフラが進んでいる場所では 必要な生活ができれば、満足ができる時代になってきているからだ。

 

自分の車を欲しがる人が少なくなってきたり、多くの時間を割いて高いお金を貰うよりも給料は下がってもいいから定時で帰れる仕事が人気の時代だ。

又、インターネットは多くの人に使われ、さらなる進化も遂げていく事が明確だ。

 

端的にまとめると、モノへの欲がなくなりつつあり、働き方も自分で選択できるようになってきている時代である事はあなたもご存知だろう。

 

上記は現代社会を極端に言い過ぎた部分もあるが事実だ

こんな風に考える方、あなたは間違っていない。

私はなんだか他の人より欲がなく、平和主義で面白みのない人間なのかもしれない。。なんて考える必要もない。

 

今の現代社会をある哲学者は ニヒリズムと呼んだ。

まず、しっかりと上記のような価値観、思考、精神状態は名前が存在する事を知ってもらいたい。

 

産業の革命が進み、経済的繁栄が進み、人々の生活には余裕が生まれるようになり、

人は何を目標に頑張ればいいのか、意義、生きる目的、この行動は何の為の行動なのであろうという価値観、考え方に陥るようになった。

 

このような精神的状態はニヒリズムと呼ばれるようになった。これは必然的に陥ると言われいた為、全く不思議な事ではない。

 

今の時代はニヒリズムの時代であるといっても過言ではない。

ニヒリズムは私たちの中に蔓延としているが、決して絶望というワケではない。

 

前置きが長くなったが、私が言いたいのは

 

ニヒリズムを体感したからこそ、

次なる新しい生き方が可能となるという事。

 

生きるためが目的であり、その目的は達成された。(生活が保障されるようになった)

では次に私たちがとるべき生き方としては、

 

何かを創造する事である。

 

それはモノでなく、コミュニティなどかもしれない。

そして

他人の人生に影響を与えてこそ、人生には意義は生まれる

と私は考える。

 

 

抽象的すぎるかもしれないが、

実現する為には、自分のやりたい事をやるのに尽きる。

もちろん、そんな事も聞き飽きたであろうし、意味があるの?という人もいるだろう。

 

意義がある。あなたのやりたい事に付加価値をつけ、思考を凝らし、あなただけの価値提供が実現すれば、必ずあなたの心は幸福に溢れる。

 

そのやりたい事には

自分の幸福だけでなく、三者に影響を与え、周囲を笑顔、元気にするやりたい事でないと、それは無価値である。

 

例えば、自分のやりたい事が、料理だったとしよう。

好きな事、やりたい事、例えばそれが料理だったとしよう。

料理をし続ける事によって食に詳しくなり、アスリートの健康生活に貢献できるかもしれない。これであなたのみならず、周囲にも需要のある幸福となるのである

 

子どものお弁当を可愛く作る事に専念し、毎日インスタに挙げたりすれば、

それはどのように作っているか、どんな事を考えて子どものお弁当のメニューを考えているのかと聞かれる事もあり、お弁当を作る事が苦痛である人にとっては、楽しみを抱けるようになり、あなたのやりたい事は誰かにとっても価値のあるやりたい事へと変わる。。

 

ただの一例過ぎないが、

自分のやりたい事に勇気をもって行動する事が今日において

あなたを幸福へと導く時代なのである。頑張る必要はない。自分のやりたい事、やり方は全てあなた次第である。

 

やりたい事、好きな事であれば継続もできる。

 

では

自分のやりたい事ってなんだろうという人は、自分の趣味や自分がどんな時に楽しさを感じるかを考えるのがベストであろう。

 

それでは、あなたはまず自分の熱意を注げる事をリラックスして探す事が

ファーストミッションだ。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

もちろん、私も、あなたと同じく、

他人の人生に影響を与えられるよう精進している。

 

私とあなたはインターネットを通しての出会いだが、一期一会、そんな出会いも大切ににしていきたいと思う。